昔々、高い山の天辺に赤天狗さんと青天狗さんが住んでいました。
二人はとても仲良しで、お山からはいつも
カンラカラカラと楽しげな笑い声が響いていました。

でもふもとの二つの村の人たちは川の水を争って、
いつも喧嘩をしています。
天狗さんたちは喧嘩なんてしたことがなかったのですが、
あんなに飽きもせず喧嘩してるのは面白いからなのかもしれないと思い、
じぶんたちも喧嘩をしてみることにしました。

口もきかず、そっぽを向きあって喧嘩の真似をしてみましたが、
つまらないったらありません。
そんなことをしているうちに川の水がどんどん干上がってきて、
二つの村の喧嘩はもっとひどくなってしまいました。
>
天狗さんたち、喧嘩なんかしてる場合じゃないですね。

天狗さんの出した知恵とはいったい何だったのでしょう。



併演作品  「おむすびころりん」

おなじみの昔話をちょっとアレンジしてお送りします。